水分の摂取や体の代謝をあげるようにしよう

体臭の今昔

食生活の変化と欧米化の傾向について

これまでは日本人は体臭が強い方ではありませんでしたが、食生活がかわり欧米化してきているのに従って体臭が強くなってきている傾向にあります。体臭が強くなる原因となる食材には、肉や脂分の多い食材があります。昔は日本人は魚や米中心の食生活でしたが、欧米の文化が取り入れられ、肉やジャンクフードと呼ばれる食事が多くなっています。また、アルコールを過剰に摂取すると体臭が強くなる傾向にあるといわれています。 予防策としては、ビタミンB2やビタミンEが含まれる食品を摂取することが有効です。アーモンドやピーナッツや米などは、ビタミンB2やビタミンEが多く含まれる抗酸化食品であり、体臭の予防に効果があるとされています。

日本人の体質の変化について

今後は日本人の食生活はより多様化していくことが考えられ、体質の変化が起こっていくことが予想されます。体質の変化による体臭を予防するためには、原因となる食材の摂取を控えるだけではなく、予防の効果のある食材を意識的に摂取していく必要があります。また体臭の原因となるのは、食事の内容だけではなくストレスなどが原因となることもあります。最近ではストレスを感じる人が増えてきていますので、適度なストレスの解消が必要です。また便秘も体臭を引き起こす原因となりますので、適度な運動を継続的に行い新陳代謝の良い体質を作っていくことが大切です。今後は、体臭を予防するための最先端の治療が開発されていくことが考えられますが、まずは日常生活における生活の改善が有効です。

↑ PAGE TOP